【偏差値40でもわかるJavaシリーズ】for文で繰り返し処理【#2】

繰り返しの処理が出来るfor文について学習しまつ
今日も一日頑張るぞい!

iが10より小さい時にi + 1をする



~~~~~~~~~~~~~~~
コード

public class Hoge {
public static void main(String args[]) {

for (int i = 0; i < 10; i++) {
System.out.println(i);
}

}
}

~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~
実行結果

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

~~~~~~~~~~~~~~~

まずforの中にIntのi(初期値は0としておく)を作る 初期化式というらしい
セミコロンで区切ってi < 10と条件を用意(iが10未満だったら) 条件式というらしい
またセミコロンで区切って変化文を書く(iに1を足す) 変化式というらしい
ブロック{}にiを出力などと実行文を書く

条件を満たしている時のみ実行文が実行されるためiが10になると条件文の条件から外れfor文が終了する


for文の中にif文を書く


~~~~~~~~~~~~~~~
コード

public class Hoge {
public static void main(String args[]) {

for (int i = 0i < 11; i++) {
if (i > 4) {
System.out.println(i);
} else {

}
}

}

}

~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~
実行結果

5
6
7
8
9
10

~~~~~~~~~~~~~~~

iが4より大きい時はiを表示しそれ以外(iが4より大きくない時)は何もしない
iが0や1や2や3や4の時はelseに行くので何も起きない
iが5以上だとifで引っかかるのではじめて表示される

breakで条件式を抜ける


~~~~~~~~~~~~~~~
コード

public class Hoge {
public static void main(String args[]) {

for (int i = 0i < 11i++) {
if (i > 4) {
break;
else {
System.out.println(i);
}
}

}

}

~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~
実行結果


0
1
2
3
4

~~~~~~~~~~~~~~~

Break文は実行されるとブロックを抜けて次の処理に移ります
ここではiが5以上になるとBreak文が実行されますのでforが終了して5以降は表示されません

for文を2つ書く


~~~~~~~~~~~~~~~
コード

public class Hoge {
public static void main(String args[]) {

int i = 0;

for (; i < 10i++) {
System.out.println(i);
}

for (; i < 20i++) {
System.out.println(i);
}

}
}

~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~
実行結果

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19

~~~~~~~~~~~~~~~

今回は初期化文を事前に書いておきましたのでforの中の初期化文は特に書きません
実行結果の0から9は上のiで10から19は下のiなのは見てわかりますよね



今回は疲れたのでここまでにします


バーチャルYouTuberときのそらちゃんのチャンネル登録よろしくお願いします
勉強をするとどうしても疲れます
そんなときにそらママの放送を見ると癒やされます おすすめです
参考書買ったりスクールに通うより学習効率が上がります マジです

コメント