Moto G4 Plus ROOT化


地味にアクセス数が増えてるのでちゃんと書き直します
ここではSIMフリーAndroidスマートフォン「Motorola Moto G4 Plus」のROOT権限を取得する方法について書いていきます
因みに今回ROOT化するのは国内版XT1642です
そもそもROOT化ってなんぞやって人は一度Google等で検索して勉強することをおすすめします

※この記事は国内版Androidバージョン6.0向けです

※当ブログではスマホのROOT化・脱獄を推奨していません
危険が伴う行為なので色々と自己責任でお願いします



Q.そもそもこの機種はROOT化できるのか
A.できます ブートローダーも簡単に開けるし
モトローラ公式HPにブートローダーの開き方が書いてあります

全体の流れとしては
バックアップ→ドライバの入手→Android SDKの入手→JavaSEの入手→パスを通す→SuperSUの入手
→TWRPの入手→スマホをデバッグモードにする→PCとつなぎブートローダーを起動
→ブートローダーのアンロック→再びブートローダーを起動後TWRPの起動
→SuperSUをインストール→起動

今回はシステムレスでインストールします
とりあえず見ていって

バックアップ、音楽等はSDカードに避難させるとして
アプリは各自apk化して保存しておこう

次、モトローラのドライバをインストール
なんかwinのユーザーネームが日本語だとインストールできないので別の英字ユーザー作ってそっちでインストールしました
https://motorola-global-portal-jp.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/91118

AndroidSDKを入手
これがめんどい

JavaSEを入手

環境変数からJAVA_HOMEを作りパスを通す


再起動 コマンドプロンプトでadbと入力し文字いっぱいでれば成功


詳しくは:「http://butsuyoku-gadget.com/android_sdk_install/


SuperSUのZIP最新版をDL
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1538053

twrpをDL
http://teamw.in/twrp_view_all_devices/

端末のUSBデバッグをオンにしてUSBで接続
OEMロック解除を許可
ロック画面のセキュリティを解除してシャットダウン

スマホをPCに繋ぐ

ボリュームマイナスボタンと電源の長押しでブートローダー起動

モトローラでGoogle+でログインしてここに従う
https://motorola-global-portal.custhelp.com/app/standalone/bootloader/unlock-your-device-a

色々コマンドプロンプトで入力して返ってきた文字列をサイトに入力

メールでコードを受け取る

コマンドプロンプトで
 fastboot unlock (受け取ったコード)  と入力してブートローダーのアンロックはおわり
本体のデータは全消失します
この地点で起動時毎回ブートアニメーションの前にブートローダー云々のロゴが5秒間出てくるようになります
表示自体は工夫すれば消せますが5秒待たされるのはどうしようもないんれす
ブートローダーを再ロックしても無駄です

再びブートローダーを起動する

 fastboot boot twrp-*.*.*-*-athene.img と入力しtwrpを開く
(*はバージョン)

ROMを適当にバックアップ(絶対しろよ)
SDカードにSuperSUのzipを入れる

システムレスでインストールするためにターミナルから echo "SYSTEMLESS=true" > /data/.supersu
と入力

SuperSUのzipをインストールしてリブート

おわり

起動後はSuperSUがあることを確認 なかったらプレイストアからインストール
因みにkingoやタオルルートでroot化は無理でした

参考:http://forum.xda-developers.com/moto-g4-plus/how-to/root-systemless-rooting-supersu-2-74-2-t3405772

おまけ
StockROM(元のROM・国内版 XT1642)
https://moto.shreps.fr/?dir=Moto%20G4%20%28athene%29/rom/stock

追記:Android7.0バージョンでroot化したい場合カーネルの変更が必要です
https://elementalx.org/devices/moto-g4/
ここからElementXをダウンロードしこれを焼いてからSuperSUをインストールします

更に追記:SafetyNetを突破する
SafetyNetは端末が改造されていないかチェックするAPIです
rootedなmoto g4 plusでSafetyNetを導入しているアプリマギアレコードを起動させるにはSafetyNetをパスしなければなりません
そこでMagiskをインストールします SuperSUの上位互換なアプリです
ここからどうぞ
ROMとカーネルを焼いた後にインストールしてください
端末起動後Magiskの設定からMagisk Hideにチェックを入れます
更にMagisk Hideの欄からマギレコを選びチェックを入れます
再起動して終了です

コメント